カイテキオリゴが子供の便秘解消に効果的な理由

MENU

カイテキオリゴが子供の便秘解消に効果的な理由

なぜ、カイテキオリゴが子供の便秘解消に一役買ってくれるのでしょうか 幼稚園や小学校に通いだすと、子供の生活習慣に大きい変化が見られます。
周辺環境が変わってしまうことによって大きなストレスになり、不安や体調不良を抱えていたりしているのです。
しかし、子供は社会経験に乏しいので両親にどうやって伝えていいのかもまだ理解していません。
もっと言うなら、自分がストレスを抱えているということにすら気づかない子も多いようです。
これは、子供に限らず、成人した大人にも言えることです。
人間というのは環境が変わると、どうしてもストレスを抱えやすくなってしまう生き物なのです。
特に、このような時期に子供はストレスで便秘になりやすくなります。
その上、離乳食を経て一般的な方法で食事を食べられるような年齢に達すると、食べ物の好き嫌いや食べムラが出てきます。
時期としては幼稚園に入る前くらいです。
これが偏食に陥ってしまう一つの要因です。
子供を育てている親が偏食だと、当然子供もそのように育ちます。
子供は自分で食べるものを決められないので、親の食生活がそのまま子供に遺伝するのです。
子供だからといっていつか食べるから大丈夫と偏食をほうっておくと便秘になります。
やっぱり、小さいうちから食物繊維がたっぷり摂れる野菜や豆製品、海藻類、いも類などを食べ慣らしておくことが要求されます。
好き嫌いの激しい時代に、食物繊維が豊富な食べ物を食べさせるのは難しいですよね。
そういう時にカイテキオリゴが役立つんです。好きな食べ物や飲み物にカイテキオリゴを混ぜて飲むだけで、便秘解消に必要な栄養素が取れます。
また、幼い子は、平均よりも体温が高めで、遊戯に夢中になりすぎ、気付かずに汗で水分が出やすいので、小まめに水分を摂取する必要があります。
水分不足もまた、便秘になる原因です。
また、寝起きにも必ず水分を取るようにしてください。
何があってもジュースや清涼飲料水は与えないようにしてくださいね。
子供の便秘が続くようであれば、それは『腸内環境が異常を来たしてSOSを出している』シグナルと思ったようがよいでしょう。
その理由は便秘は、腸内にウンチが長い間ため込んだ結果なのですから、悪玉菌が増殖して善玉菌が減っている状態なのです。
ウンチが悪玉菌のごはんになって、次から次へと悪さをする菌たちが増えて元気に活動してしまいます。
そして、恐ろしいことに、悪玉菌は発ガン物質、発ガン促進物質、アンモニア、硫化水素などの有害物質や、メタンガスの要因となります。
だから、トイレの臭いもきつくなりますし、子供でも臭いおならが出てしまうのです。
便秘を放置すると、体に害のある物質やウンチそのものが吸収されて、血管を通して体中にめぐります。
だから、大事な脳にもその毒素は回るということになります。
そうすると、大事な授業や習い事に言うまでもなく集中できません。
『子供だから大丈夫』だなんて一息ついていませんか?
子供の頑固便秘は、切れ痔だけでなく毒も回って病気になりやすい状態になってしまうのです。
そんなことにならないように、早い段階からカイテキオリゴを摂取して、体内の善玉菌と呼ばれているビフィズス菌をサポートしてあげると良いのです。
年齢とともに緩やかに低減していくビフィズス菌ですが、食生活が偏り気味な方や、ストレスを抱えがちな時期はサプリメントで補うことにより、効果的な働きをしてくれるのです。